図面

a0142411_1371787.jpg

「千里山の二世帯住宅」 設計図が製本され届きました。
通常の住宅より大きめで二世帯ということもあり、図面の枚数は72枚になりました。
この住宅規模だと必要な図面量になります。

72枚の図面を書く作業は、実施設計という工程で行います。
1日1枚書ければ良いのですが、そうは上手くいかず平均で1.5日ほど必要になります。
実施設計のみで考えると延べで108日間の作図量が必要でした。

我々の設計事務所は、この実施設計の前に基本設計を行い、その前にもちろん基本計画や基本プランニングと言った作業も行います。その設計作業の中でやはり実施設計が一番の山場で、工務店に見積もりを依頼し工事費の検証も行います。

そして工事が進むと現場で監理をして、きちんと建築が設計図通りに建つかを検証してまいります。この全ての作業が我々の仕事でもあり、完成してからも施主の皆様と仲良い関係を続けています。

製本された設計図を事務所で広げながら読み返し
この家に住む家族みなさんのことを再度想うのです。
そして、生活の背景をつくれるよう、現場に向かうようにしています。

----------------
奥和田 健
Okuwada Architects Office
TEL 06-7506-2677  
http://okuwada.com/

----------------



.
by okuwada | 2015-04-09 13:28 | デザイン