情報の信頼度 TAXI

天気予報は最近になり
ようやく当るようになったと思う

それは 気象予報士の方々の努力
そして 衛星などの発達がもたらしてくれた効用

予報を見るにも 新聞 TV インターネットなど
沢山のメディアや情報があり多種多様だ

そんな いろんな情報が飛び交っている 昨今でも
その情報の信頼性によって うむむと首をかしげる場合もある

だが そこで その薄い信頼性に乗っかってみるのも
意外と 面白いものだ

a0142411_11113074.jpg


ある日 タクシーを探し 何人かでターミナルを歩いていると
一つの看板に でくわした
一同 その看板の前で ざわめきだす

「この看板は ニセモノ だ」

「あかん こんな看板に従って行動したら たいへんな事になる」

仲間から上がる声の原因が 上の写真のタクシー乗り場への 案内だ


情報の信頼度は その媒体の信頼度にも影響されるというのに
紙に手描きの看板とは。。。

その紙の色あせ具合から 最近作られた物ではなく 排気ガスにまみれた苛酷な環境で
少なくとも3年以上 往来する人々の手助けをしているのが良くわかる
思わず 「ごくろうさまです」 と深々と看板に敬礼する 私

良く見ると タクシーのイラストも描かれてあるではないか
しかも そのタッチが 実にファニーというか ルパン3世にでてきそう
描かれてるタクシーに乗ってみたくなるような絵だ

さらに タクシーの絵の下に 赤い矢印が書かれている
この赤い矢印にそって歩き タクシーを見つけたとして
それに乗り込んだら 何処に行くんだろう ドキドキする


よしよし タクシーを見つけたぞ

「お客さま どちらまで?」

「では カリオストロまで お願します」


posted by 阿倍野下町建築家/okuwada architects office             アート
by okuwada | 2009-11-17 21:18 | 日記