住宅エコポイント

住宅エコポイント
正しくは 住宅版エコポイントの講習会が
国土交通省主催で開かれたので 参加してきた

大阪の国際交流センターの大ホールは満員
この制度に対しての関心度が表れている
a0142411_18363150.jpg

住宅エコポイント制度は 大きく分けて二つあって
1 リフォーム物件に対するエコポイント
2 新築住宅に対するエコポイント
双方とも断熱や省エネに対する配慮がなされた時に
ポイントが発生するのだが簡単に整理すると

■リフォームの場合
・窓を複層ガラスに変える→ポイント発生
・内側に窓を設け2重窓にする→ポイント発生
・窓自体を性能の良い物に変える→ポイント発生
・外壁屋根などの断熱改修→ポイント発生
などなど

■新築の場合は
・省エネ法に基づくトップランナー基準相当の住宅→ポイント発生
・省エネ基準を満たす木造住宅などを新築した場合→ポイント発生
などなど

いずれにしても ポイントがどのくらい発生するかは まだ審議中だが
本日配られたパンフレットには エコ住宅の新築で30万程度
リフォームの場合 窓を(10窓)内窓にした場合15万程度と
家電のエコポイントより高額なのが目玉なのではないかと思う

ただ国からの補助を受けて断熱などの工事を行っている場合
重複してポイントを受けれないとの事だ 
ここが新築の場合、選択が難しい

長期優良住宅の普及促進事業で国から補助金が100万程度出るのだが
その場合、長期優良で省エネを包括的に補助しているため
エコポイントと重複できないのだ

省エネ基準を満たしてエコポイントを獲得するか
長期優良住宅にするか
シュミレーションも楽しくなるのではないかと思ったりする

とりあえず 補正予算が成立することを祈ります

阿倍野下町建築家/okuwada architects office 
注文住宅 狭小住宅 を手掛ける 大阪 の 設計事務所 です
by okuwada | 2010-01-07 18:37